株式会社ニッセン産業

北海道釧路町 株式会社ニッセン産業が運営しているブログです。
社長・従業員全員で発信しています。皆様よろしくお願い致します!

  • 牧草情報・農業情報
  • お知らせ
  • スタッフブログ
  • ニッセン産業新人日記
  • PRブログ
  • 会社の事
  • 求人

道産牧草11月のおすすめ3選!

ニッセン産業のブログ・Facebookをご覧の皆さまに、とっておき情報のご案内です。
 
公開します。
こちら、弊社営業マンが提案用にいつも携帯している道産牧草案件情報カードです!
↓↓↓
 
【商品No.1】鶴居村 乾牧草ロール2番

f:id:nissensangyou:20211125100617j:plain

 
【商品No.2】安平町 デントコーンラップ

f:id:nissensangyou:20211125100639j:plain

 
 
【商品No.3】別海町 ラップサイレージ1番

f:id:nissensangyou:20211125100656j:plain

 
ーーーーーーーーー
今後も、定期的におすすめ情報を更新してまいります。
 
気になる商品がございましたら、
まずは、お客様のご連絡先・お住まいの地域をご連絡ください!
追って地域の担当営業より詳しくご説明させて頂きます。
 
電 話:0154-65-1711
 
お問い合わせお待ちしております😀
 
 

地球上の炭水化物の99%はセンイ!!

今日は定期勉強会です。牛の栄養について勉強しました。

地球に存在する炭水化物のうち99%は繊維だったんですね。そして通常、動物は繊維をエネルギーに転換できないそうです。つまり1%の炭水化物をエネルギー源として、みんなで取り合っているのだそうです。

牛というのは体内でルーメン微生物を飼うことで、この99%の繊維をエネルギーにする能力を取得できたのだそうです。

まさにブルーオーシャン戦略!!賢いですね〜。

それにしても牛の生体は複雑。

牛の口に入ったものがどこへどのように変化していくのか・・。

頭を抱える営業マンたち。大人になってまさか「生物」の授業があるとは思いもしませんよね。

しかし、勉強の成果が現場で実現していった時、達成感は格別です。これもこの仕事の醍醐味ですね。

f:id:nissensangyou:20210927100625j:plain

f:id:nissensangyou:20210927100635j:plain



 
 
 

営業さんのお仕事見学に行ってきました🚗

 初めまして!4月にニッセン産業に入社した事務担当の嶋倉と申します!
入社からもうすぐで半年がたちますが、いまだに電話対応が上手くできなくて勉強の日々です。
なんか電話の人しどろもどろだな…と思ったら大体私です、見守って(?)いただければ幸いです🙇‍♀️
 
 
 先日、営業さんに同行してインターンシップの学生さんとお仕事見学に行ってきました。
いつもはなかなか見れない営業さんの仕事風景を間近で見学できて新鮮でした✨
 
 
 その日は全部で4件の牧場さんを回ってきました。普段はもう少し回るようですが、営業さんに丁寧に教えていただいたり、ある牧場主さんが直々に牛や牧草について沢山教えてくださったり、とても充実した一日にすることが出来ました。
沢山教えてくださって本当にありがとうございます!!
 
 
 目的の場所までは1時間越え。普段聞けないような営業さんの趣味や仕事、牧草について教えていただきました。
とても面白い学生時代のお話を沢山聞いちゃいました😊
大人しくしていたつもりですが、面白すぎて変な笑い方していなかったか不安ですね
 
 
 
 最初に行った牧場さんでは、配合飼料という牛のおかずについて話をしていました。
配合飼料を購入したいと言っていただいたそうで、どれくらいの配合飼料をいつ届けるのか等と打ち合わせをしていました。
また、配合飼料の話以外にも我々の知らない農家さん情報や、ちょっとした世間話などもしていました✨
 
ただ商品についてを語るのではなく、農家さんと少しでも良い関係を築けるように、世間話をするのも大事な技であるんですね✎
 
 
 
2件目の肉牛農家さんでは場長さんが牛舎内を案内してくれました。
その間いったん営業さんと離れることに。
営業さんの仕事姿は見れなかったのですが、場長さんの説明がとても分かりやすくて聞き入ってしまい、たくさんの時間を割いていただいちゃいました。

f:id:nissensangyou:20211020095512j:plain


出荷前の肉牛は900㌔を超えるそうです、どんな重さなのかちょっと想像できないですよね
 
ちなみに乳牛は大体600㌔です。肉牛の子牛は35㌔ほどで、大体二年かけて900㌔以上まで育てるようです。
見た目も乳牛よりはるかに大きく、ちょっとぶつかられただけでも転んじゃいそうですね🤔
 
 
3件目の農家さんでは納品後のモミガラ倉庫の確認作業を行いました。
今回納品したあとのモミガラが倉庫のどれくらいを占めているか、あとどのくらい入りそうか等の確認をしていました。
 
そのほか農家さんが醤油粕やでんぷん粕などの説明や、グラスサイレージ(発酵した細かい牧草)の説明をしてくださったりしました。
 
当たり前ですが、醤油粕はちゃんと醤油のにおいがするんですね・・・!いい醤油のにおいがしました✨
 
 
 
4件目ではフリーストール牛舎を見学しました。
フリーストール牛舎とは牛が牛舎につながれずに、仕切り内を自由に移動できる牛舎の事です。その反対はつなぎ牛舎といいます。
フリーストール牛舎のほうが自由度が増すので、つなぎ牛舎よりもストレスを感じにくくなるそうです。
 
牧場さんによって行っている取り組みが違うので飽きないですよね~!✨
 
近くでロールベーラーやミキサー車をみることもできました。
たまに遠くから刈り取っているところをみますが、近くで見るととても大きかったです!
 
 
 
 ということで以上4件回ってきましたが、営業という仕事、牧場という仕事、なかなか奥が深い仕事でした。
牧場の環境や牛の状態、その年の牧草の品質などなど気に掛けなければならない部分がとても多く、農家さんや営業さんは判断力がある人や脳の回転が素早い人が多いのかもしれないですね😊
 
 
何より何より、営業さんのコミュニケーション能力に驚いてしまいました。
農家さんと会ったときにほぼほぼ笑顔が消えず、会話もほぼ途切れず、リアクションも小さすぎず大きすぎず・・・といった感じで、相手の話しやすい環境を一瞬で作ってしまうんです。
私は話をつなげることや会話を広げることが「ど」がつくほど下手なので、コミュニケーション能力が高い人には憧れますね✨
 
 
 
 今回の研修で沢山教わったので、忘れないようにしっかりまとめて頭に入れたいと思います!
 

f:id:nissensangyou:20211020095545j:plain f:id:nissensangyou:20211020095616j:plain

珍しい赤毛の赤ちゃん牛🐄 と 牛と戯れる営業さん
 

道産牧草10月のおすすめ3選!

ニッセン産業のブログ・Facebookをご覧の皆さまに、とっておき情報のご案内です。
 
公開します。
こちら、弊社営業マンが提案用にいつも携帯している道産牧草案件情報カードです!
↓↓↓
 
【商品No.1】旭川市 乾牧草ロール1番

f:id:nissensangyou:20211004160953j:plain

 
【商品No.2】岩見沢市 稲わらロール

f:id:nissensangyou:20211004161031j:plain

 
【商品No.3】豊富町 ラップサイレージ2番
本案件は終了いたしました。ありがとうございました。 

f:id:nissensangyou:20211006101846j:plain

 
ーーーーーーーーー
今後も、定期的におすすめ情報を更新してまいります。
 
気になる商品がございましたら、
まずは、お客様のご連絡先・お住まいの地域をご連絡ください!
追って地域の担当営業より詳しくご説明させて頂きます。
 
電 話:0154-65-1711
 
お問い合わせお待ちしております😀
 
 

こだわりって必要ですよね

みなさんこんにちは。苫小牧営業所の石塚です。
先日、とある和牛素牛農家さんを訪問し、お話を伺って来ました。
 
 
主食は牧草!牧草のススメ
とにかく配合飼料に頼らない。育成牛に4kg/日程度、プラスしてデントコーン、
主食は牧草。
 

f:id:nissensangyou:20210913105647j:plainf:id:nissensangyou:20210913105707j:plain

 
結果的に配合メインだと横へ横へと太ってしまい、粗飼料を使わないと体高が出ないそうです。体重だけ求めるならそれでいいけど、そうじゃない。
 
牧草の成分分析を行い、多少悪い牧草でも食べさせるとのこと。
その為にラップサイレージを作り発酵させて嗜好性を上げるのは当たり前、写真の牧草裁断マシーンを使い切り草にしているそうです。他にはルーサンを混ぜたり。
 

f:id:nissensangyou:20210913105741j:plainf:id:nissensangyou:20210913105755j:plain

 

 
配合飼料の価格が上がっています。自家産牧草の有効利用が大切ですね。
 
 
人工哺育に切り替えて
1年1産を達成することが大事。
その為に親牛は仔牛を産むことに専念させ、出産してから3日で親から離すそうです。3日経てばあとは人間の手で育てられる、親牛は次の出産に向けて準備。
という流れを確立させたそうです。
 
結果、死ぬことはなくなったし、病気もほとんどなくなったそうです。
 
早く離せばそれだけ手間がかかると思い、
「これだけ手間をかけて大変じゃないですか?」と聞いてみたら、
「手間と見るか仕事と見るかの差じゃないの?」と笑っていました。
 

f:id:nissensangyou:20210913105833j:plain


 
【ウチの牧場にはこんなこだわりがある!】
なんて話がありましたら、ぜひ教えてください。またお邪魔します!
 

やっぱり勉強は大事!ノーサン養牛研修に参加しました✏️

こんにちは。釧路営業所の佐藤匠朗です。
 
7/12〜7/16に音更町のノーサンファーム株式会社様で開催された、『ノーサン養牛研修』に参加してまいりました。
 
研修の内容は、牛に関する様々な講義と実際に農場に出て作業をする農場実習がメインでした。
 
 
■農場実習のメニュー
①子牛の哺乳
ミルクを作って、子牛に飲ませます。
 
②育成牛の給餌
育成牛に配合飼料や草を給与します。
 
③搾乳牛の管理
除糞、ベッド掃除をし、搾乳ロボットに牛を追い込みます。
 
酪農家さんが普段どんな仕事をしているのかが分かり、酪農に対する理解が深まりました。
また、酪農のやりがいや楽しさ、大変さを体で感じることができました。
 
 
講義では、主に栄養学、繁殖学、疾病などについて学びました。
 
どうしたら乳量が伸びるのか、どうしたら繁殖が良くなるのか、どうしたら疾病を防げるのかなどは今まで表面的には理解しているつもりでしたが、実際に牛の体の中でどんなことが起こっているのかという本質的なことまでは勉強したことがありませんでした。講義を通して牛に関する知識・理解がより深まりました。
 
また、乳価がどのように決まり、どのような要因で変動していくのかという内容の講義が一番印象に残りました。
普段乳価についてそこまで深く考える機会はなかったが、酪農家さんの収入に直結するのは乳価なので、乳価について知ることは今後営業として酪農家さんと話をしていく上で大事なことだと思いました。
 
 
今回の研修を今後の営業活動に生かし、お客様により良い提案ができるようにしていければと思います!
 

f:id:nissensangyou:20210907155303j:plain

道産牧草9月のおすすめ2選!

ブログ・Facebookをご覧の皆さまに、
ニッセン産業の営業マンが厳選した道産牧草案件をご紹介します。
 
今回おすすめするのはこちらです!
 
 
【商品No.1】遠別町 乾牧草ロール1番 
本案件は終了いたしました。ありがとうございました。 

f:id:nissensangyou:20210901135438j:plain



 
【商品No.2】別海町 ラップサイレージ1番
本案件は終了いたしました。ありがとうございました。  

f:id:nissensangyou:20210901130941j:plain

 
---------------
今後も定期的におすすめ情報を更新してまいります。
 
牧草案件の詳しい情報は、お客様の地域担当営業マンからご説明させていただきます!
 
気になる案件がございましたら、
まずは、お客様のご連絡先・お住まいの地域をお知らせください!😊
 
 
電 話:0154-65-1711
 
お問い合わせお待ちしております😀